VW、サプライヤーとの契約を見直し

独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のミュラーCEOはサプライヤーとの契約や部品調達の戦略を見直すと発表した。8月中にボスニアの部品メーカーとの紛争が原因で、独国内の10ヵ所の工場のうち6ヵ所で生産...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。