仏交通輸送部門の温室効果ガス排出量、2015年に増加

仏CGDD(持続可能な開発総局)が発表した統計によると、仏国内の交通輸送部門が2015年に排出した温室効果ガスの量は、前年比で0.9%増加した。2004年以来、年間平均0.7%低下していたが、ここに来...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。