労働法典改正法案:従業員の「宗教的表現」制限措置も追加

先に国会で可決された労働法典改正法案には、上院の修正案として、企業が従業員による宗教的な表現を制限することを認める条項が追加された。同法案は、提訴を経て憲法評議会で違憲審査が行われるが、憲法評議会が合...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。