通訳

国際会議、各種シンポジウムやセミナー、ビジネス交渉、産業視察における同時・逐次通訳を行います。他、見本市・展示会のアテンド、ブース付き通訳などへの通訳派遣に関してもお問い合わせ下さい。

同時通訳と逐次通訳

同時通訳

同時通訳ブースを使い、同時通訳者が、発言者の声だけが聞こえる環境で、発言を他言語に通訳していきます。通訳者の声はブース内のマイクで拾われ、聴取者のつけているイヤホン(ヘッドセット)から聞こえる仕組みになっています。同時通訳の場合は半日の場合2名、1日の場合は3名以上からの手配となります。通常は弊社内の同時通訳者と、弊社が信頼を置く有能な社外の同時通訳者がチームを組んで業務を担当します。

逐次通訳

発言者の発言が終わった時点で通訳者が話すタイプの通訳です。様々な業界・分野の会議・ビジネス交渉・調査・視察に、実績のある社内・社外通訳者が対応致します。

ご発注までの流れ

お電話あるいはメールにて、お問い合わせ下さい。

• 通訳が必要な日時および場所
• 使用言語
• 希望される通訳形態(同時・逐次)およびレベル
• 通訳内容(業界・分野、あるいは会議、セミナー、商談、調査ヒアリング同行、視察同行など通訳環境に関しての情報)

などを御教示いただけましたら、無料でお見積もりを差し上げます。お見積もりにご了解をいただいた上で、通訳者を決定いたします。前日までに通訳者との最初のミーティングポイントおよび時間を決め、通訳に必要な資料のやり取りを行います。当日には通訳がお約束の場所に伺います。

料金例

• 逐次通訳(会議・ビジネス通訳) : 650ユーロ~850ユーロ (オーバータイム 100 – 150ユーロ)
• 逐次通訳(見本市などのブース・アテンド通訳) : 500ユーロ~ (オーバータイム 80 – 100ユーロ)
• 同時通訳 :700~850ユーロ

• 上記の料金は税抜き価格となります。フランスでの通訳サービスは、サービスの現地消費とみなされ、20%の付加価値税が加算されますことご了承下さい。
• キャンセル補償は、原則的に1週間前のキャンセルについて、通訳料金(税込み額)の半額、3日前から当日のキャンセルの場合は100%とさせていただきますが、特別なご事情が在る場合にはお待ちすることもできますのでご相談下さい。
• 打ち合わせを含み1日の拘束時間は8時間、実働7時間となります。視察旅行等への通訳派遣の場合はこの限りではありません。
• 前日/翌日移動など通訳業務がなくとも通訳者が拘束される日には、拘束補償費(opportunity loss fee)が必要になります(通訳料金の半額程度)。交通費、宿泊費は実費請求とさせていただきます。
• 宿泊を伴う出張の際には日当(40ユーロ~)が加算されますことご了承下さい。

※ ご質問、ご相談はフォームよりお気軽にお問い合わせください。