フランス企業、米国企業の買収に消極的=EY調査

EYが経営者を対象に行った調査(世界の2500社が対象)によると、フランス企業(約100社が対象)が買収対象として優先する企業の国籍では、ドイツが首位となり、これにフランス、イタリア、英国、ハンガリー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。