所得・資産状況に関する報告書が発表に

INSEEは6月5日、家計の所得・資産状況に関する調査結果を発表した。
これによると、2015年時点で、所得水準上位10%と下位10%の間の所得格差は3.5倍となっており、これには、1996年と比べ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。