鉄道改革法案が上院で可決、仏国鉄ストの行方は?

上院で6月5日、鉄道改革法案が賛成240票、反対85票で可決された。上院では、鉄道インフラ使用料の見直しに関して監督当局ARAFERの権限強化、RER E線(郊外急行列車)の運営を仏国鉄以外に開放する...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。