ラファージュホルシム、パリとチューリッヒの本社を閉鎖へ

セメント大手のラファージュホルシムは5月25日、パリ(16区)とチューリッヒの本社を閉鎖すると発表した。同社は2015年に仏ラファージュとスイスのホルシムが合併して発足、対等合併の観点からパリとチュー...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。