闇労働の追徴額、2017年に減少

ACOSS(社会保障会計の上部金庫)が5月24日に発表した集計によると、当局に正しく申告をせずに従業員を採用し、社会保険料を納付していなかった案件の摘発で、2017年には追徴額が5億4100万ユーロと...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。