PSA、35時間労働のタブーに挑戦

仏自動車大手PSAはブズール(オートソーヌ県)にある事業所の従業員(3000人)に対して、2.8%の賃上げと交換に週当りの労働時間を現行の35時間から37時間45分へと7.8%延長することを提案した。...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。