企業・事業所単位の労使合意、過半数労組の賛成が成立の要件に

労働法典改正の一環で、5月1日から、企業・事業所単位の労使合意の成立要件として、合計で過半数の代表権を持つ労組の承認が必要になった。一部の案件のみに必要であった成立要件が、すべての案件に拡大された。
...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。