オラノ、ウクライナ原子力発電所の使用済み核燃料再処理に向けFS実施

仏原子力大手オラノ(旧アレバ)は5月3日、ウクライナ同業エネルゴアトムとの間で、使用済み核燃料再処理のフィージビリティスタディ(FS)に関する契約を結んだと発表した。ウクライナのVVER1000型原子...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。