砂糖菓子業界、砂糖減らしの動き

砂糖菓子業界では、砂糖の過剰消費への批判を懸念して、砂糖を減らした「ライト」な新商品の発売が続いている。独グミ菓子大手のハリボーの仏子会社は数週間前に、トウモロコシ繊維を利用することで従来品に比べて砂糖を30%減らした「Fruitilicious」と「SeaFriends」を発売した。仏Luttiもやはり同じ技術を用いて、砂糖を40%減らした商品をすでに販売している。ちなみにスイスの食品大手のネスレは、砂糖の粒子を中空にするという手法を使って、砂糖を30%減らした「Fruit Pastilles 」や「Randoms」を販売しているが、販売先は今のところ英国に限定されている。仏CREDOC(消費調査)によると、フランス人の砂糖菓子の消費量は英米などに比べて少ないという。