独政府、2030年までに石炭火力発電を半分にする目標を再確認

ドイツのアルトマイヤー・エネルギー相は4月17日、2030年までに石炭火力発電を半分にするとの目標を再確認した。エネルギー移行に関する国際カンファレンス「ベルリン・エネルギー転換対話」におけるスピーチ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。