パリュエル2号機の蒸気発生器落下事故:報告書、作業の外部企業への完全委託を問題視

仏パリュエル原子力発電所(セーヌマリティム県)2号機では2016年3月、10年毎の定期検査の一環で蒸気発生器4基の交換作業を実施中に、そのうち1基(全長22メートル、重量465トン)が22メートルの高...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。