米英仏がシリア空爆

米英仏の3ヵ国は13日夜から14日未明にかけて、シリアの空爆を実施した。首都ダマスカスと北部ホムスの軍事関連施設を攻撃した。シリア政府軍は、ダマスカス近郊の東グータ地区の攻撃に化学兵器を使用した疑いが...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。