刑事施設内の汚職事件、責任者が追及の対象に

パリ郊外フレーヌ刑事施設(バルドマルヌ県)の責任者を務めたハリド・エルハル氏が去る3月28日、汚職等の容疑で予審開始通告を受けた。エルハル氏は49才、一旦は収監されたが、自殺の恐れがあることを理由に病...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。