コルシカ島でピアス病菌、オリーブ油組合が糾弾

コルシカ島のオリーブ油製造業組合(SIDOC)は3日、島内の立ち枯れのオリーブの木などから、病原菌のXylella fastidiosa(ピアス病菌)が検出されたと発表した。同組合がINRA(国立農学...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。