ストで儲けるBlaBlaCar

国鉄SNCFのストで、ライドシェア仲介大手のBlaBlaCarが潤っている。ストが行われた3日に、同社のプラットフォームを通じて提供されたライドシェアの席数は18万4000に上り、過去最高を記録した。需要の方も6倍増を記録。マッチングの成立件数は公表されていないが、提供分の半数は成立したとみられている。パリ・リール間の提供などは出稿から1時間で埋まるという盛況で、ストのあった3日と4日にこのルートは満杯であったという。
BlaBlaCarはこの成功を踏まえて、6日から試験的に長距離バスのサービス提供を開始する。バスの運行は提携先の輸送業者が行い、スト時や、需要が多い週末に限って提供する計画。6日には手始めにパリ・リール間で開始。これに続いて、ストが予定される9日(月)にはパリ・レンヌ間を運行。また、13日にはパリ・ルーアン間で運行を予定する。同社は、この4月に合計で500万人分の提供を行えるとしており、ストを踏み台により一層の浸透を狙っている。