アートパリ・アートフェアが開幕

アートパリ・アートフェアが4月5日、グランパレを会場に開幕した。8日まで開催される。
アートパリ・アートフェアは今年で20回目を迎える。秋に開催のFIACよりも小規模なイベントで、中小の画廊にスポットを当てている点に特徴がある。今年は22ヵ国から142の出展者を数える。昨年には5万4500人の入場者(53ヵ国)を記録した。
今回の招待国はスイスで、このほか、1960年代以降のフランスの20人のアーティスト(ベルナール・ランシヤック、フレデリック・パルドなど)の特別展示が行われる。