シュパーン保健相、介護士の外国からの採用に意欲的

31日、シュパーン保健相はライニッシェン・ポスト紙のインタビューで、介護士不足を外国からの労働力で補てんする計画を考えていることを明らかにした。
政府は高齢化社会に備えて8000人の介護職を増やせる...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。