フィリップ首相、ヘイトスピーチ対策を予告

フィリップ首相は19日、インターネット上のヘイトスピーチ対策案を公表した。首相はこの問題で、欧州連合(EU)レベルでの対策実現に向けて働きかけると約束。それと並行して、国内でも法令を定めて対策を強化すると説明した。具体的には、与党議員などがまとめる報告書を踏まえて対策を決めるとしたが、ドイツで導入されているように、当局によるヘイトスピーチの削除要請から24時間以内に適切な対応をしなかったプラットフォームに対する多額の罰金処分の導入、大量のヘイトスピーチのメッセージが発信されたアカウントの閉鎖命令、ネット上の覆面捜査官による証拠集めなどの方向性が示された。