仏国内の料金滞納を理由とする電力・ガス供給停止処分、2017年に10%減

仏エネルギー調停人事務所が3月13日に発表したところによると、2017年には料金滞納を理由とするエネルギー供給停止・制限件数は53万5946件で、前年の60万4000件から10%減少した。内訳は、電力...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。