CGG、赤字幅が縮小

仏CGG(石油関連サービス・地震探査)は、2017年の最終損益を5億1410万ドルの純損失と発表した。再編に絡んで1億8600万ドルの特別費用を計上したものの、赤字幅は前年の5億7660万ドルから縮小...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。