英国:ロシア人元スパイが重体、ロシアが暗躍か

英国のソールズベリー市内のショッピングセンターで2人の意識不明者が発見された件で、英当局は、男性の身元を、かつてロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパル氏(66)と発表した。ロシアが暗殺を図った可能性が強いとみられている。一緒に発見された女性はスクリパル氏の娘のユリア・スクリパル氏(33)だった。
2人は4日午後、ショッピングセンターのベンチの上で発見された。警察により病院に搬入されたが、意識不明の重篤な状態が続いている。外傷は一切なく、毒物による中毒とみられているが、どのような毒物であるかは特定されていない。英国当局は現場付近の徹底した消毒を行った。
スクリパル氏は英国のスパイとして、ロシアで有罪判決を受けた後、2010年に英国でのスパイ容疑での逮捕者らと交換の形で英国に亡命していた。ロシア関係の人物が英国で不審死した事件としては、2006年に、元諜報部員でプーチン大統領の反対派となったリトビネンコ氏がポロニウム210により毒殺された事件が有名で、今回の事件もこの事件と類似性がある。また、ロシアの実業家などが自殺を装った不審死を遂げるケースも、英国内でこの数年間に数件が発生している。英国のジョンソン外相は、捜査の結果、何らかの国の関与が明らかになったなら、断固としたしかるべき措置を決めると言明。ロシアで開催のサッカーW杯をボイコットする可能性も示唆した。