ルドリアン外相のイラン訪問、弾道ミサイル問題などで譲歩得られず

ルドリアン仏外相は3月5日、イランを訪問した。中東和平問題を協議したが、イラン側から譲歩は得られなかった。
仏政府は特に、イラン核合意への参加継続を米トランプ政権に対して説得する目的で、イラン側に対...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。