楽天、仏プライスミニスターのブランド廃止決める

楽天は2011年に買収した仏プライスミニスターのブランド廃止を決めた。3月1日から段階的に楽天名義のサービスに切り替える。
プライスミニスターは2000年に設立のインターネット・ショッピングモール。楽天は2011年に同社を買収し、これまではプライスミニスター名義で事業を続けていた。楽天は3月1日から、プライスミニスターの100万人に上るユーザーに楽天名義でサービスを開始。ブランドの知名度を考慮し、当面はプライスミニスターのブランド名を併記し、インターネット・ドメイン名も維持する。楽天は電子書籍リーダーのKobo、メッセージアプリViberを武器により一層の集客を図り、フランスでもポイントカード制を導入してサービスの向上を図り、アマゾンとは異なり、顧客と出店者の両方に利益をもたらす業者という姿勢をアピールする。