ジョニー・アリディさんの遺族間で遺産争い

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

去る12月6日に死去した国民的歌手ジョニー・アリディさんの実子で女優のローラ・スメさん(34)が12日、アリディさんの遺言状の取り消しを求める訴えを起こすと予告した。弁護士を通じて明らかにした。
スメさんはアリディさんが妻だった女優のナタリー・バイさんとの間に設けた子どもで、アリディさんの実子としてはもう一人、歌手のシルビー・バルタンさんとの間に設けた歌手のダビッド・アリディさん(51)がいる。スメさん側は、アリディさんが2014年に作成した自筆遺言(公証人を経ずに作成)が、居住地である米国の法律を援用し、全遺産を未亡人のレティシアさんが相続する旨を定めていることを問題視。作成時点でアリディさんがほとんど米国には居住していなかったことなどを根拠に、子どもに最低限の遺産相続の権利を認めている仏法令を適用するべきだと主張する訴えを起こす模様。ダビッド・アリディさんも異母妹であるスメさんの訴えに同調する考えを明らかにしている。
スメさんら子どもと、未亡人のレティシアさんとの間の関係は近年、特に冷却化していたといわれる。遺産相続を契機に全面的な対決に発展することになる。ちなみに、アリディさんとレティシアさんの間には現在13才と9才の養子がおり、遺言状によれば、レティシアさんが死去の場合は全財産を2人の養子が相続することになる。アリディさんの財産がどの程度であるのかは不明だが、主に不動産とアーティストとしての権利(作詞作曲は行っておらず、演奏家としての隣接権と肖像権が中心となる)により構成されると考えられる。