カトリック教会の幼児性愛事件、ローマ法王フランシスコの対応に疑念も

チリのカトリック教会を揺るがせている幼児性愛疑惑で、AP電は5日、ローマ法王フランシスコが2015年の時点で関連の疑惑を知らされていたと報じた。フランシスコは1月15日から18日までのチリ訪問の機会に...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。