東ドイツの自治体が難民の受入れ中止を決定

1日、東ドイツのザクセン州の町、フライベルクでは町議会で2021年まで新しい難民を受入れないことを決めた。フライベルクは人口が4万2000人強で、その内2000人が難民。学生3000人規模の大学があり...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。