仏原子力発電所の危険性を糾弾した本が刊行へ

仏国内の原子力発電所の危険性を糾弾した本『原子力 迫る危険』(フラマリオン出版社)が2月7日に刊行される。この本は、ジャーナリストであるティエリー・ガドー、ユーグ・ドゥムドの両氏が著したもので、「重大...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。