ラクタリスのベニエCEOインタビュー:粉ミルク汚染事件による損害は数億ユーロ

仏乳業大手ラクタリスのベニエCEOは、2月1日付のレゼコー紙とのインタビューで、2017年12月に発覚した乳児用ミルクのサルモネラ菌汚染問題について説明した。CEOによると、クラオン工場(マイエンヌ県...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。