イスラエルで発見の現生人類の化石、18万年前のものと判明

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

イスラエル国内で発見されたホモ・サピエンス(現生人類)の化石が、約18万年前と極めて古いことが判明した。これまでにイスラエルで発見された化石で最古のものは9万-12万年前のものであり、今回の発見は、現生人類がアフリカを出て世界に広がった時期が従来の仮説よりはるかに古いことを示す根拠となる。
ヒト属を構成する種は200万年以上前にアフリカで現れ、現生人類は最新の説では30万年ほど前にやはりアフリカで出現して、その後に世界に広がったと考えられている。今回発表されたのは、カルメル山近くのミスリヤの洞窟でテルアビブ大学などの研究チームが2002年に発見した頭蓋骨の部分で、研究調査と年代確定の結果、18万年前のものと判明した。