ラアーグ再処理工場でストが終了

昨年12月頭から無期限ストが続いている仏原子力大手アレバのラアーグ再処理工場(マンシュ県)で、1月19日にストが終了した。経営陣と労組(CGT、CFDT、Unsa)が調停人を指名することで合意した。労...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。