仏国籍を取得する英国人が急増

英国のEU(欧州連合)離脱に関連して、仏国籍を取得する英国人の増加が目立っている。仏国籍を取得した英国人は2015年には320人、2016年には439人、2017年には1518人に上り、仏国籍の申請者も2015年には386人、2016年には1363人で、2017年には3173人を記録した。英国では2016年6月23日に実施された国民投票でEU離脱が決まった。
なお英ガーディアン紙の調査によると、ほかのEU加盟国に居住し、これらの国の国籍申請を行った英国人は2016年7月からで1万7000人以上に上る。特にアイルランド国籍の申請者が多いが、ドイツ、スウェーデン、イタリアなどでも多数の国籍申請がなされた。現時点でEU加盟諸国に居住する英国人は120万人と推定される。