冬のバーゲンが開始、2019年から期間が4週間に短縮へ

冬のバーゲンが1月10日に始まった。2月20日まで6週間に渡り行われる。
ジェニステファン経済閣外相は10日付のパリジャン紙とのインタビューで、冬と夏に年2回開催のバーゲンセールについて、2019年から各4週間に短縮する方針を明らかにした。バーゲン期間外の割引キャンペーンが増え、米国発の「ブラックフライデー」(11月第4金曜日のバーゲン)がフランスでも定着したことで、バーゲンの集客力が下がっていることを踏まえて、挽回を期して4週間に短縮することを決めた。バーゲンの開始日(冬は1月の第2水曜日、夏は6月の第4水曜日)は維持される。