植物状態の未成年者、生命維持処置の停止を裁判所が承認

行政最高裁(コンセイユデタ)は5日、植物状態に陥った未成年者の生命維持処置を停止することを認める判決を下した。緊急審理を経て、両親の異議申し立てを却下した。未成年者についてこの種の判決が下ったのはこれ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。