ルーマニア国会、司法改革案を採択:汚職対策の弱体化に懸念

ルーマニア上院は12月21日、司法改革法案のうち第3番目の法案を採択した。司法改革案はすでに下院で採択されており、上院の採択により法案が国会を通過したが、司法官の独立を弱め、国家汚職対策局(DNA)の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。