仏ラクタリス、サルモネラ菌汚染の工場で回収対象を全商品に拡大

仏乳製品大手のラクタリスは、サルモネラ菌に汚染した疑いのある乳児用ミルク問題に関連して、同社のクラオン工場で今年2月15日から製造された全商品に回収対象を広げた。本格調査により工場内のあちこちでサルモ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。