仏クレテイユ市の廃棄物焼却施設、燃料電池車用の水素も製造へ

仏首都圏のクレテイユ市(パリの南東)は、廃棄物焼却施設の運営と拡張について、スエズ(環境・リサイクル大手)およびTIRU(電力大手EDFの廃棄物リサイクル子会社)と20年間の契約を結んだ。契約額は9億...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。