エンジー、CEOと会長職の分離を維持へ(報道)

仏エネルギー大手エンジー(GDFスエズ)のメストラレ会長は来年5月に69歳の定年を迎え、退職する。12月14日付の仏レゼコー紙は、メストラレ会長の退職後も同社のCEO職と会長職の分離が維持されると報道...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。