トリカスタン原子力発電所で放射線量の上昇が検出

仏電力大手EDFは12月13日、仏トリカスタン原子力発電所(ドローム県)の原子炉補助建屋において同日朝に放射線量の上昇が検出され、約100人が避難したと発表した。放射線量の上昇は、気体状廃棄物処理系統...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。