ポーランド議会、新たな司法改革法案を採択

ポーランドの下院は12月8日、司法改革に関する新たな2つの法案を最終的に採択した。「法と正義」保守政権が進めている一連の司法改革は、司法権の独立性を制限し、政府の司法に対する介入を強化するものだとみら...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。