共和党のベルトラン氏が離党、ボキエ新党首の右傾化を批判

保守野党の共和党が党員投票でボキエ候補を党首に選出したのを受けて、同党の有力者であるグザビエ・ベルトラン氏は12月11日、共和党を離党することを決めたと発表した。テレビインタビューの機会に明らかにした...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。