仏政府、小中学校での携帯電話持ち込み禁止を再確認

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ジャンミッシェル・ブランケール教育相は12月10日、2018年新学年から小中学校での携帯電話持ち込み禁止の措置を再確認した。小中学校での携帯禁止は、マクロン大統領の選挙公約だった。教育相は、禁止に向けての具体的な措置が現在検討中だと言明した。教育相はまた、公共衛生の観点から見て、学校に限らず、家庭でも7歳までは、携帯やタブレットにアクセスしない方が望ましいとも付け加えた。