ZFの経営陣が交代

独自動車部品大手ZFフリードリヒスハーフェンのゾンマーCEOが12月7日に辞任した。資本の93.8%を保有するツェッペリン財団との経営戦略をめぐる対立が原因で、同じ理由により、ベーア監査役会会長も11...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。