欧州のルテニウム106汚染問題:ロスアトム、衛星が原因の可能性を示唆

欧州各地で今年9月末から10月初頭にかけて放射性同位体ルテニウム106が検出された件で、露原子力大手ロスアトムが設置した特別科学調査委員会は12月8日、マヤーク原子力施設が発生源ではないとする結論を発...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。