フィリップ首相、ニューカレドニア訪問で独立投票に関する見解示す

フィリップ首相は12月5日まで、4日間の日程で海外領土のニューカレドニアを訪問した。5日には議会で演説を行い、独立の是非を問う島民投票に関する見解を表明した。
ニューカレドニアでは、独立派と帰属派の...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。