オリーブのピアス病、対策会議がパリで開催

植物を枯死させるピアス病の対策を協議する会合が12月1日にパリで開かれた。被害が出ているイタリア、フランス、スペイン、ドイツの4ヵ国のほかに、ポルトガル、クロアチア、スロベニア、ギリシャ、キプロス、マ...

※ 続きを読むには、ご購読手続きが必要です。

初めてご利用になる方は、ご購読手続きお願いします。
既にご購読されている方は、ログインをして続きをお読みください。