仏光回線加入者数、300万人近くに=ARCEP調べ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someoneBuffer this page

ARCEP(仏電子通信・郵便規制機関)が11月30日に発表した統計によると、9月末時点の超高速ブロードバンド(通信速度30Mbps以上)の加入世帯数は650万に達し、3ヵ月で37万、1年間では150万、それぞれ増えた。うち光ファイバー加入者回線(FTTH)加入世帯数は290万に達し、3ヵ月で26万5000、1年間で100万、それぞれ増えた。
超高速ブロードバンド加入世帯数は、接続可能世帯数の38%に達し、1年間で5ポイント上昇した。高速ブロードバンドと超高速ブロードバンド加入世帯数は合計で2820万に達し、3ヵ月で17万5000、1年間で78万、それぞれ増加した。FTTH接続可能世帯数は950万に達し、1年間で37%増えた。超高速ブロードバンド全体では、接続可能世帯数は1710万に上った(うち1120万世帯が人口稠密地域外)。